さてレース当日です。

レース会場に着いてからの流れです。

4:30 ボディ・ナンバリング
トライアスロンでは恒例、両腕にゼッケンナンバーをマジックで書いてもらいます。
ここでボランティアをされているウチのお客さんに会う(地元の方でした!)。
激励してもらい心強かった!

5:30
スイムの準備をして、スタート場所へ
水温23度、予想最高気温25度との発表
試泳してみると全然寒くない!
新調したスーツもバッチリフィットしてとても泳ぎやすかった。
「これはいける!!」と確信した瞬間。

6:00 競技スタート
スイム
Aタイプ約1000人が一斉にスタート!!
スタート時の混乱をできるだけ避けたいので、半分以上の選手がスタートしてからゆーっくり泳ぎだす
コーナーのブイまで約900メートル。コースの外目をマイペースに泳ぐ
すると外側を見張ってるライフセーバーに近づいてきて、、、やばい大周りしてる
ヘッドアップして方向確認しつつ折り返しのブイを目指す
近づいてきても中々たどり着けないのがスイム
体力と精神力が削られる(ヒー)
一周後半になると、左手指をピーンと伸ばせなくなってくる。もう疲れてきたー
そのせいか、真っすぐ泳ぐのが困難に。
蛇行しながらも、なんとか一周目を終える。
一度砂場に上がって給水。口の中がスゲー塩っ辛い!
二週目も蛇行は続く
左手の疲労が何より厳しいが、ここに来て左膝が少し痛み出して来た!
ほとんどキック使ってないのに

少しでも体力残すため、方向の目安に近くの選手を水中でチェック。その分ヘッドアップを減らした
それでも蛇行はしたが、なんとかスイム終了。

蛇行した割には、身体の疲労が少ない。足取りがしっかりしている。前回の佐渡とはえらい違い!
やっぱりスーツのおかげかな
ぬぐときも足釣らなかったのも良かった(笑)

 

バイク
台風の影響で北寄りの風が強めの予報だが、、、
準備の時この気温ならと思い、ウインドブレーカーは持たなかった。

スタートして、徐々に心拍落としておこうとペース抑えめのつもりが、身体は頑張っちゃう。
パワーを今回注視しているが、60%FTP(1時間維持できるパワー:FTPに対する比率)をターゲットにしていたか、平地でも平気で100は出てしまう。最初の1時間弱はこんなペース。

1時間ほど走るとペース安定してくる。上体も安定して、先日の試走のおかげかな。
突然雨が降り出す!!
ちょっとかなと思ったら、10分くらいは続いたかな。やんでくれてよかったけど、おかげで身体が冷えて寒かった。
海に近いから天候が急変しやすいのかな。

しばらくは多少のアップダウンがあり、無理せず即座にインナーギア、リアもロー側二枚をフルに使う。とにかくパワーを上げたくなかったから。
Z坂をクリアし60キロ過ぎ、島の東側へ。

徐々に天気が良くなり日差しも増えてくる。
ここまで平均時速ちょうど毎時30キロ。
このまま後半まで持たせたい。

そんなタイミングで、フロントギアチェンジの際にインナー側に脱落!!
しかもフレームの隙間に噛み込み、さらに悪化
なりふり構わず、素手でチェーンを掴みとにかく引っ張る。
取れない。
こんな作業繰り返すうち、もうダメか!?と考えてしまう。
幸い五分程度のロスで復帰できた。まあ休憩と思えばね。
この間に相当抜かれたが、その後すんなり抜きかえす。

この辺りから、胃の調子がおかしくなる。胃に溜まってる感じがする。
食べ過ぎ!?と考え、しばらくは補給ペースを落とす。

両津港まで来て、平均時速は30をやや下回る。まだ取り返すチャンスはある。

半分過ぎてからのエイドで停車し、ドリンクを補充。
さらにトイレに入る。
「止まった」エイドは最初で最後。のちのエイドでは3、4回走りながらドリンク受け取る。

この辺の路面も濡れていた。こっちも雨降ってたんだ!

ゴールまで60キロを切る。
さすがに疲れが隠せなくなる。
ペースは毎時25キロまで落ち、平均時速もグーンと下がる。
この辺のエイドでコーラをもらう。
ウマイ!!スカーッとする。気分爽快!
ペース持ち直す。

残り30キロを切り、最後の登り区間に入る。
序盤の登り区間くらいのイメージだか、疲れてるから一層キツイ!
長い登りは二ヶ所。
ギアを目一杯軽くしてクリア。下りでかっ飛ばす。一ヶ所強い横風が下りで吹いて怖かった!

ラスト10キロは体力残ってる選手と集団になってガンパル。
奇遇にも、2年前のアイアンマン北海道でバイクを並走した選手と再会!!(自分の自転車見て)声かけてくれたらしい。うれしすぎる!!

最後はゴールまで良いペース。
左膝はもってくれた!

 

ラン
スタート前にアミノ酸粉末を飲む
きやすめかなーと思いながら
走り出し、膝の痛みは多少あったが、地面のケリを強くしなければ走れる!

昨年大会から、21.1キロを2周回するコースに
トラックのようなコースと違い、同じ道を各周行き帰りの計4回走る!

エイドごとに補給して、痛む左膝にサロンパス
序盤はペースの大崩れなく1キロ6分前後

15キロ過ぎから「もうムリ!」とたまらず歩いた。フラフラした。頭の方もフラリと
近くのエイドでバナナ、コーラ、オニギリやみそ汁もあった。
素直においしかった。
膝も痛いけど、それ以前にガス欠だったようだ。
所々で食べたスイカも美味しかった。
スイカに含まれるシトルリンは疲労回復に効くらしい

その後歩くことが増えた。精神的にもピーク

それでも最後の折り返しを過ぎ、残り10キロを切ると、「あと少し!」という気分になる
あの交差点までは止まらない、みたいに歩くのをガマンできた
エイドで冷水の染み込んだスポンジを受け取り、顔に押し付ける。キックゥ!
このころ夕方6時過ぎ、ほんとは肌寒かったがこのスポンジだけは気持ちよかった

残り3、4キロは最後の力振り絞って、何としても止まらない!
残り1キロでメインストリートに入る。
真っ暗だったコースから、眩しいくらいの明るい場所に
「おかえり!」とか「頑張ったね!」とか、身体の疲れが吹き飛ぶくらい嬉しい!!

会場に入り、最後は既にゴールした選手とハイタッチしながら・・・ゴール!!!!!!

13時間18分10秒

12時間台のタイムはでなかったが前回のタイム(13時間36分53秒)はクリア。
いい感触でスイムを終え、バイクも自分には精一杯のタイム出せたと思う。
完全にオーバーペースだったと思うけど、悔いはない!

ロングの大会は今回で3回目。
心の余裕ができて、補給とペース管理できたかな。
ランはできる限り止まらず走れるようにしたい。

来年は30周年記念大会。
倍率間違いなく高いだろうけど、また行きたい!!

 

選手、大会関係者どうもお疲れ様でした。
そして島民の皆様どうもありがとうございました!

終わり

南浦和東口店
高原