ヤマハ YPJ-C を実際に試乗した感想です。

以下は、個人的見解ですので、ご了承くださいね。

めっちゃ!ワクワクで試乗です。まず、スタンダードモードで走行しました。

すぅぅぅっ!といった感じでスタートです。

そして、加速するために強くペダルを踏むと!これまた、すぅぅぅっ!と加速します。

一般車の電動自転車のアシストフィーリングを考えていた私は、電源入っているの??と感じましたが、

実際に電源を切って乗ってみると、実はとてもスムーズはアシストがされていることに気づきました!

パワーモードは、おおっ!アシストが効いてるね!とすぐに感じれるフィーリングです。

でも、スムーズさは健在です。

エコモードは、やはり節約してます!的なモードですね。

全般的にはとてもスムーズはアシストフィーリングです。

一般車の電動自転車は、強いこぎだしにビューンときて、びっくりしてこぐ力を抜くとヒューンとアシストが弱まります。

このYPJにはこれがありません。ギュッと踏み込んでも大げさなアシストがされないのです。

巡航速度もすこしはやいスポーツ車にはこのスムーズなアシストフィーリングが大事なのだと思いました。

さらに電源OFFの状態でも、ほぼ普通のクロスバイクと同じ感触で乗れてしまいます。びっくり!

ふつうのクロスバイクに引けを取らない軽快さを持っているのです。

また、走行距離ですがエコモードで48km、スタンダードで22km。

実際、スポーツ車に乗っている方にはもの足りない?かもしれません。もっと、走ってよ!と思うかもしれません。

ただし、走行スピードが24kmを超えるとアシストはOFFとなります。(電動自転車の規格として。)

また、下り坂や平地ではOFFモードを使用して、バッテリーの消耗を抑える走行も可能です。

これらを駆使して、50~60kmくらいのサイクリングには行けるのではないでしょうか?

(道路状況によるとおもいますが、荒川サイクリングロードなんか最適ですか?)

バッテリーをもう1個持っていると、もう怖いものなしですね。(バッテリーは税込み21600円です。)

あれっ!?てことは、片道10~15kmくらいの通勤に最適ではないですかぁぁぁ!

ジテツウしましょう!

YAMAHAのYPJ-Cで!

こちらはヤマハYPJのスペシャルサイトになります。

サイト内の「YPJ走行距離チャレンジ」が面白いですね。一度ご覧ください。

では、試乗にご来店お待ちしております。

江村