佐渡のようにロングディスタンス・トライアスロンの場合、大会2日前から受付・説明会が始まります。
地元・近隣からはもちろん北海道や九州といった遠方から出場する選手らがいますので、ゆとりのあるスケジュールとなっています。

ちなみに今回のスケジュールです。

会場にはウエア類や補給食関係のブースが並んでいます。 忘れ物をしても大丈夫!

有料ですがメカニックサポートもあります。

通称「Z坂」からみる景色は見ごたえあります! レース中そんな暇はないですが・・・

 

トランジションエリア。ここが各種目のスタート地点であり、ゴール地点。

スイムはブイ(黄色の点)の外側を泳ぎます。近そうで、泳ぐと非常に遠い!

レース2日前
3:30            起床
5:30~8:30    電車(~新潟駅)
9:30~12:00  フェリー(~佐渡・両津港)
13:30~   大会会場(受付)
15:00~   ホテルチェックイン
16:30~   大会会場(競技説明会)

レース前日
5:00     起床
6:00~    バイク試走 等(試泳もこのタイミングでできます)
15:00~  バイクチェックイン(会場に預ける)
19:00   夕食
20:00   就寝

レース当日
2:00     起床
2:30     朝食
4:00     大会会場着
6:00     レーススタート

レースは朝6時スタートということで、 それまでにカラダを作っておく必要があります。
私の場合は2日かけてレースのリズムにもっていきました。

ところで、宿泊は初めて相部屋で予約しました。

初佐渡の人や、同じ埼玉県民、50歳代のベテラン選手など、各々の経験談が聞けて楽しく、とても勉強になりました。
過去1人部屋で一人緊張していたことを考えると、相部屋はかえってリラックスできてよかったと思っています。

レースは早朝スタートで半日がかりの長丁場。
トラブルなく済めばいいのですが・・・

南浦和東口店
高原より