各メーカーさんの「前子供乗せ電動自転車」の比較をちょっとしてみました。

まずは、写真を。

左から、ブリヂストン ビッケ・ポーラーe。

真ん中、ヤマハ Kiss mini un SP。

右は、パナソニック ギュットクルームDX。

となります。

写真1.チャイルドシートのヘッドレストを下げた状態

気づいたこと。

1.チャイルドシートの地上高が一番低いのはビッケポーラーe;安定感増し

2.チャイルドシートのヘッドレストが一番下がるのはビッケポーラーe;ママさん乗車中の視界良好

3.ハンドル幅が狭いのはギュットクルームDX;狭いところに駐輪しやすい

4.ハンドル幅が一般車に近いのはビッケポーラーe、kiss mini un SP;普通の自転車の感覚で運転できる

写真2.チャイルドシートのヘッドレストをMAXまで上にあげた状態の写真です。

やはり、ビッケポーラーeが一番低いですね。

写真3.前から見た場合はこのような感じです。

1.右のギュットクルームDXは、ベビーカーで有名なメーカーCombi(コンビ)とコラボで作られたチャイルドシート。

全面がガバッ!と空いていて、お子様の乗せおろしが楽ちんです。

2.Kiss mini un SPは、全面がしっかりと覆われていて、安心感ばっちりです。

乗せおろしの際は、全面のカバーが下がります、ギュットクルームDXほどではありませんが、楽だと思います。

3.ビッケポーラーeは、ちょうど2車種の中間といったところでしょうか?ちょうど、良い感じ。

今回は、チャイルドシートに注目してみました。

次回は、車体について感じたことを書きますねー。

江村